「 blog 」一覧

新潟満喫旅行

高速道路を使い、埼玉県から新潟へ向かいました。
妻と行ったのですが、私達夫婦はサービスエリアでそこの名物を食べたりすることも、楽しみの一つで休憩を兼ねてサービスエリアを3カ所ほど寄ったので、通常に行くよりも時間が掛かり、移動時間は約8時間程掛かってしまいました。
高速道路の料金は片道で9000円未満で、新幹線で行くよりはずっと安く行くことができますが、その分、運転に疲れるのは仕方のないことです。
新潟への旅行日数は2泊3日の予定で行きました。
宿泊先のホテルは、妻がどうしても行ってみたいと以前から言っていた新潟県月岡温泉白玉の湯華鳳に予約を取り、このホテルは正直かなり高級なところとして有名でもあるため宿泊料金も一人3万円ほどしましたが、滅多にあることではないので、思い切ってこのホテルを予約しました。
そもそも新潟旅行を決めた経緯は、妻が以前から新潟に連れて行って欲しいと何度も何度も言われていたため、私も日本海の美味しい物を食べたいと思っていたことで、その意見に同意し、ついに新潟に旅行に行こうと決めました。
新潟に着いて、直ぐに弥彦にある弥彦神社に行きました。
この神社は非常に有名な神社で、空気は澄み切っている感じを受け、背筋がピンと伸びる感覚を受けました。
境内はとても立派で、ロープウェイで山を登ると素晴らしい新潟の景色を堪能することができ、ここは絶対に外せないスポットだと思います。
その後は、弥彦神社の比較的近くにある寺泊に行きました。
ここでは、多くの魚屋さんが軒を並べており、日本海の新鮮な魚を販売しています。
楽しめるのは、店頭で串に魚介類を焼いているので、それを買って食べ歩きです。
このようなことが私は新潟でやりたかったことで、新鮮な魚介類を目一杯楽しみました。
その後は、せっかく良いホテルを取ったことですし、寺泊からホテルまで結構な距離もあるため、ホテルに向かいゆっくりと過ごすことにしました。
有名だったので、ある程度の良い予想はしていたのですが、その想像を遙かに超えた良いホテルでした。
エントランスロビーから既に高級感に溢れており、お茶のできるところからは、素晴らしい日本庭園を眺めることができました。
和室でしたが、布団も見たことのない極厚で、妻と二人で殿様みたいな布団だなと大笑いしました。
夕食はホテルの宿泊料金に含まれている懐石料理を頂きました。やはり日本海の海の幸が豊富に使われた料理の数々が出て、大変満足しました。
次の日は、新潟市にも向かいました。
前日は、辺り一面、田んぼ一色の風景でしたが、駅前は非常に都会で、その差に驚きました。
三日目には、堀之内のやな場に向かい、鮎の伝統的な漁である、やな場を見学し、そこで取れたての鮎の塩焼きを頂きました。今まで食べた鮎で一番の美味しさでした。
ハードなスケジュールではありましたが、夫婦で新潟を大満喫しました。
また、新潟旅行に行こうと計画しています。

 

それで新潟に行った際、最後に立ち寄ったのが、

新潟市 占い

です。なかなか面白かったです。


ウォーキング

 

私はほぼ毎日ウォーキングを行っています。
ウォーキングを始めたのは17~8年前からだと思います。
きっかけは過労で体調を崩した後で、体力をつけるために手軽にできる全身運動ということで始めました。

家の近くに川の土手があるので、そこで歩くようにしています。
なるべく自然豊かで、車の排気ガスなどの影響がない場所を選んでいます。

いつも一人でウォーキングをやっています。
時間はまちまちで、季節や自分の予定などに合わせて、ウォーキングの時間を変更しています。
夏は昼間の日差しが強いので歩くのは避けています。
逆に冬は暖かい午後の時間に歩くようにしています。
早朝にウォーキングをやっている人同士の朝の挨拶は、いつも気持ちが良いものです。
多くの人が健康づくりや犬の散歩などが目的だと思います。

コーチはいませんが、以前、正しい歩き方を雑誌で見てから、なるべくその姿勢を保つように心がけています。
特に私は腰痛の持病があるので、ウォーキングが悪影響にならないように気をつけています。

ウォーキングなので特別な道具は使用していませんが、かかとのダメージを減らすためにウォーキングシューズにクッションを入れています。
安売り時に購入したので、併せて5千円程度だったと思います。

服装はジーンズにTシャツや大きめのシャツなどで、動きやすくて汗をかいてもべたつかない衣服にしています。
また、外を歩くので必ず日焼け止めを塗り、ツバの広い帽子とサングラスも着用しています。

ウォーキングを始めた頃はスイミングなどもやっていたので、機会があればまたやりたいと思っています。
シューズを見て回っていた時に、店員さんからランニングも勧められたのですが、膝への影響を考慮して今でもやっていません。

しかし、川の土手でランニングをやっている人を見ると、たまには走ってみても良いかなと思ってしまいます。
団体スポーツは一人でできないので、今後もいつでも手軽にできるスポーツをやっていきたいと思っています。

 


ケガ

 

会社で作業中にハシゴでスネをぶつけてケガをしてしまった。血が出ました。
事務所に常備してあるマキロンで消毒しました。飛び上がるほどしみた。一応、絆創膏を貼ったのであるが三回くらい交換しました。
労災にすると大事になるらしい。上長が病院まで付き添いをして、労災手続きをして、工場長を含めたエライさんの前で事情を説明しなければならない。

全社に回覧が回り、労災情報として記録される。私自身もマイナス評価がつくことになるのです。

 

マイナス査定くらいなら、まだ良い。何かと面倒なことになるので自宅で転んだことにして、健康保険を使って、自宅で転んだことにして、普通に病院で診察してもらうことにしました。
案の定というか、やっぱりというか、待ち時間がやたらと長いのです。待合室は年寄りばかりである。1時間くらい待たされました。
念のため、骨にヒビが入っているかもしれないということでレントゲン撮影をすることになりました。
医師にカモにされただけのような気もするが、仕方なく承諾しました。それで、久しぶりに訪れた、この病院であるが新築の建物で随分と立派になっていました。
患者をカモにして儲けたのでしょうか。

 

診察結果は骨の異常はないというものでした。
当然でしょう。

 

月曜日に、また来なさいと言われた。また、カモにされる?